ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2023年02月09日 10時12分 公開

Twitter、API有料化を延期 13日まで無料で 有料プランは月額100ドルから

米Twitterは、Twitter APIの無料提供を13日(米国時間)まで延長すると発表した。理由は想定よりもアップデートに時間がかかるためとしている。

[松浦立樹ITmedia]

 米Twitterは2月9日、Twitter APIの無料提供を13日(米国時間)まで延長すると発表した。理由は想定よりもアップデートに時間がかかるためとしている。

Twitter APIの有料化を発表したツイート

 合わせてTwitter API有料化の方針についても発表。有料プランでは、月額100ドルで利用できるAds APIと低レベルのAPIを利用できる基本プランを用意する。今後無料プランでは、一つの認証済みユーザートークンに対して月に1500個のツイートを作成できる仕様になる。Twitterでのログイン連携機能も利用可能という。

Twitter API有料化の方針についての投稿

 これまで提供していたPremium APIは13日(米国時間)に廃止に。加入者は別途申請を行うことで現在利用中のエンドポイントを引き続き利用できるという。

 同社は「Twitter APIの品質を高め、スパムを減らし、活発なエコシステムを可能にするための新章が始まる。これらの変更に対するユーザーの忍耐に私たちは感謝しており、ユーザーが次に何を構築するかを見るのが待ち遠しい」としている。

Twitter Dev(@TwitterDev)のツイート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.