ニュース
» 2004年01月20日 19時58分 公開

色再現性を高めた小型DLPプロジェクター プラスビジョン

手のひらサイズのDLPプロジェクターの限定モデル。

[ITmedia]

 プラスビジョンは1月20日、手のひらサイズのDLPプロジェクター「V-1100Z」の色再現性を高めたモデル「V-1100Z Limited」を限定3000台で発売した。オープン価格で、実売予想価格は25万円前後。

 A5サイズで約1.1キロと軽量コンパクトなモバイルデータプロジェクター。カラーホイールを最適化して従来モデルよりも色の表現力を高めた。輝度は800ANSIルーメンと従来モデルよりも下がっており、明るさよりも色彩を重視するデザイナー向けだとしている。

 表示解像度1024×768ピクセルの0.7インチDMDパネルを採用した。コントラスト比は2000:1。1.2倍ズームレンズを搭載し、1.2メートルの距離から26インチ画面に投影できる。台形歪み補正機能も備えた。

 入力端子はDVI-Iと4極ミニジャック(コンポジット、S映像、コンポーネント兼用)を備えた。サイズは180(幅)×45(高さ)×163(奥行き)ミリ。

photo 本体カラーは「メタリックレッド」か「ホワイト」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう