ニュース
» 2004年04月08日 18時34分 公開

InDesignで外字を自由に取り扱えるプラグインソフトを公開

 アドビ システムズは、InDesign CS日本語版用プラグイン「Adobe InDesign CS 日本語版 SING外字技術プレビュー」を公開した。

[ITmedia]

 アドビ システムズは、InDesign CS日本語版用プラグイン「Adobe InDesign CS 日本語版 SING外字技術プレビュー」を公開した。

 WebページよりWindows版Macintosh版ともに無料でダウンロード可能。なお、評価目的で提供されるプレビュー版なため、サポ−トは対象外となる。

 外字アーキテクチャ「SING」は、必要な外字の文字の形状表現と付属情報そのものを文書に埋め込む方法によって、外字の使い勝手を改善するためのアドビが開発した技術。

 SING外字技術プレビュープラグインを使用すれば、SING対応製品およびOpenTypeフォントと組み合わせ、作業に関わるすべてのユーザが、文書に直接埋め込んだ情報を利用して文書の編集が行えるようになる。対応OSはWindows 2000(Service Pack 2)/XPおよびMac OS X 10.2以降10.3まで。

 また、主要フォントベンダーおよびIMEベンダー各社が、SINGに対応した製品を今後開発していく予定であることを表明している。

社名内容
イワタ今後開発予定。製品名、時期は未定
エルゴソフト今後開発予定。製品名、時期は未定
フォントワークスジャパン外字マスターNEO(2004年第3四半期発売予定)、OpenType全フォントの各種外字セット(順次対応予定)
モリサワ今後開発予定。製品名、時期は未定 SING外字技術プレビュー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう