ニュース
» 2004年04月20日 18時50分 公開

TORICA、Serial ATAコネクタ付き、アルミ筐体採用の静音電源ユニット

 東海理化販売(TORICA)は、筐体にアルミを採用、Serial ATAコネクタ搭載する静音設計のPC用電源ユニット2種を4月下旬に発売する。

[ITmedia]

 東海理化販売(TORICA)は、放熱性に優れる2ミリ厚のアルミ筐体を採用、Serial ATAコネクタを2基搭載する静音電源ユニット「Sei Alumi SAL-400DS」と「同SAL-460DS」を4月下旬に発売する。予想実売価格はSAL-400DSが9800円前後、SAL-460DSが1万1800円前後(ともに税込み)。

2ミリ厚のアルミシャーシと静音ファンを採用する「Sei Alumi SAL-460DS」

 SAL-400DSおよびSAL-460DSは、動作音低減のため排気ファンに最大騒音値26デジベルの松下電器産業製Panafloファンを搭載、ATX12V規格に適合した出力400ワットおよび460ワットの電源ユニット。Athlon XP 3200+、Athlon 64、Pentium 4/3.40GHzまでのシステムに対応する。サイズは150(幅)×140(奥行き)×86(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう