レビュー
» 2004年05月18日 14時50分 公開

使いやすさを重視した510万画素デジカメ――ソニー DSC-W1 (3/3)

[蒼井恵,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

※このページの画像はWeb掲載用に加工してあります。リンクをクリックすると、手を加えていないオリジナルの画像を表示できます。

シャープネスを押さえた画質が特徴

 画質はシャープネスを抑えているのが特徴だ。ややコントラストの激しい撮影では白が飛びやすく黒が潰れるが、気になるほどではないだろう。白と黒のある撮影をしてみた。

ISO100、1/500秒、F5.6。広角撮影。画像のゆがみなどは気になるほどではない。若干だが、白い部分が飛んでいる。ただし、コントラストが高いためか見た目はきれいだ(オリジナル画像はこちらへ)
ISO100、1/250秒、F10。望遠端での撮影。細かな部分までしっかりと表現されている(オリジナル画像はこちらへ)
プログラムオートでマクロをオンにして撮影した。マクロ機能をオンにしても特にプログラムが大きく変わることはないようだ。シャッター速度が1/500秒とかなり高速なので、できれば絞りを閉じて被写界深度を深くして、フォーカスの合っている範囲を広げてほしかった(オリジナル画像はこちらへ)
シーンモードで夜景を撮影した。明るいところと暗いところが混在するような構図だが、露出は比較的よい。ちなみに「夜景&人物」で撮影するとホワイトバランスが「ストロボ」で固定されるようで、やや緑が黄色っぽくなる(オリジナル画像はこちらへ)
動画の撮影。動画は640×480ピクセル(約30fps)、640×480ピクセル(約17fps)、160×112ピクセル(約8fps)の3種類から選べる。サンプル動画は640×480ピクセル(約17fps)である。640×480ピクセル(約30fps)で撮影するにはメモリースティックPROが必要だ(オリジナル画像はこちらへ)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう