ニュース
» 2004年05月31日 17時28分 公開

使いやすさを追求したエントリー向けICレコーダー2種――ソニーマーケティング

ソニーマーケティングは、大型の液晶ディスプレイや操作ボタンを装備したICレコーダーのエントリーモデル「ICD-B20」と、各種の付属品を同梱した「ICD-B20EX」を発表した。推定市場価格は1万1000円前後と1万6000円前後。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは、大型の液晶ディスプレイや操作ボタンを装備して使いやすさを追求したICレコーダーのエントリーモデル「ICD-B20」と、各種の付属品を同梱したスペシャルパックモデル「ICD-B20EX」を発表した。

「ICD-B20」のシルバー、ホワイト、レッドモデル

 ICD-B20はシルバー、ホワイト、レッドの3色を用意する。価格はいずれもオープンプライスで、推定市場価格はICD-B20が1万1000円前後、ICD-B20EXが1万6000円前後。発売は、ICD-B20は6月21日、ICD-B20EXは7月21日の予定。

 本体サイズを30(幅)×16(奥行き)×103.5(高さ)ミリ、58グラム(乾電池×2本含む)と軽量・コンパクトにしつつも、ボディの前面に大型の液晶ディスプレイや操作ボタンなどを配置して操作性を高めたことが特徴だ。32Mバイトのフラッシュメモリを内蔵しており、LPモードでは約16時間10分、HQモードでも約3時間40分の連続録音が行える。

 両ICレコーダーともに全指向性マイクを内蔵するほか、ICD-B20にはダイレクトインタイプの単一指向性マイクロホンも付属している。

 スペシャルパックモデルのICD-B20EXには、骨伝導を利用して通話中の自分の声もクリアに録音できる電話録音用イヤホン型マイクやACアダプタ、充電池、充電器などが付属する。

各種の付属品を同梱した「ICD-B20EX」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう