ニュース
» 2004年09月17日 17時11分 公開

変換機能を向上――エルゴソフト、ワープロソフトEGシリーズをバージョンアップ

エルゴソフトは、Macintosh用ワープロソフト EGシリーズをバージョンアップした。新バージョンでは、入力する前後の文脈を解析して正しい文字に変換する機能などを搭載した。

[ITmedia]

 エルゴソフトは、Macintosh用ワープロソフト EGシリーズをバージョンアップした。「EGBRIDGE 15」、「EGWORD 14」、「EGWORD PURE 9」、をラインアップしており、それぞれ10月22日に発売する。

 EGBRIDGEは、Macintosh対応日本語入力プログラム。最新版では、Mac OS X v10.3 の新技術「TSM Document Access」と、同社独自開発の文脈解析エンジンを融合させ、誤変換の問題を解消させたことが特徴。文章の途中で文字を訂正したり追加する際に、入力する前後の文章を取り出して文脈を解析し、正しい文字に変換できるようになった。

 また、入力中の文章の文章を自動的に推定し、コンピュータ分野なら「機種」、スポーツ分野なら「騎手」と変換するなど、同音語候補の並びでその分野に該当する語句を優先的に変換可能だ。そのほか辞書管理ツールを一新し、文字パレットの改訂などを行っている。

 EGWORD、EGWORD PUREは、Macintosh向けワープロソフト。EGBRIDGEを装備している。新バージョンでは、本文の編集操作での処理スピードを大幅に向上させている。また、変更した箇所をカラー表示させ、推敲の過程を確認できる変更履歴機能、正規表現検索機能などを搭載した。

 対応OSはすべてMac OS X 10.2.8。製品のラインアップと価格は以下の通り。

製品名 価格
EGBRIDGE15 1万290円
EGBRIDGE15 バージョンアップ 5000円
EGWORD14 2万9400円
EGWORD14 アカデミック版 1万8900円
EGWORD14 バージョンアップ 1万500円
EGWORD PURE 9 1万3440円
EGWORD PURE 9 6500円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう