ニュース
» 2004年09月24日 15時51分 公開

新潟キヤノテック、PDF変換ソフトをバージョンアップ──縦書き日本語文書にも対応

新潟キヤノテックは、縦書き日本語文書や外字フォントの埋め込みに対応したPDF変換ソフトの最新バージョンをキヤノン販売を通じて販売開始した。

[ITmedia]

 新潟キヤノテックは、BCL Technologies製PDF変換ソフトの最新バージョン「BCL easyPDF日本語版Version 3.30」を、キヤノン販売を通じて販売開始した。パッケージ版とダウンロード版があり、価格はそれぞれ9000円、8500円。

BCL Technologies製PDF変換ソフトの最新版「BCL easyPDF日本語版Version 3.30」

 同ソフトは、プリンタに印刷するのと同じ感覚で高品質なPDFファイルを生成できるPDF変換ソフト。新バージョンでは縦書き日本語文書や外字フォントの埋め込みに対応したほか、PDFファイルへの変換精度とパフォーマンスが向上している。

 対応OSは、Windows XP/2000。

 また同社は、一部機能を制限した同ソフトの体験版を無償配布するほか、BCL easyPDF英語版のユーザーを対象とした優待販売キャンペーンを実施する。優待価格は4500円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう