ニュース
» 2005年03月03日 20時13分 公開

関西電機、ネットワーク対応HDD復元ソフト

関西電機は、復元ポイント作成ユーティリティ「ネットイージーリカバリ」シリーズの最新版となる「ネットイージーリカバリネオゴールド」を発売する。価格は1万5750円。

[ITmedia]

 関西電機は3月3日、ネットワーク上の複数PCの復元ポイントの作成とリカバリを管理可能なユーティリティ「ネットイージーリカバリネオゴールド」を発表、3月末より発売する。価格は通常版が1万5750円/1ユーザー、セキュリティ機能付き版が1万6800円/1ユーザー(いずれも税込み)。

 ネットイージーリカバリネオゴールドは、ネットワーク経由による複数PCの復元ポイントの作成と復元の一元的管理を可能とするユーティリティ。複数のPCの管理を一台のPCから行なうことが可能となっており、HDDに障害が発生した場合や、アントPCの状態を常に一定に保ちたいという場合に、あらかじめ作成しておいた復元ポイントの状態へPCの環境を復元することができる。

 復元ポイントとして作成したHDDイメージのデータは、ローカルHDDやファイルサーバなど任意の場所に保存が可能。また、1つの復元イメージも元に、ネットワークを経由して複数のPCを同環境にそろえて復元させることもできる。

 アンチウイルスソフトとの連動機能も備えており、各種アンチウイルスソフトのパターンファイル更新の検出により、自動的に復元ポイントの作成を行なう自動スケジューリングもサポートする。

 対応OSは、マスタPC側がWindows 2000 Professional/XP/2000 Server/2003 Server。スレーブPC側がWindows 98SE/Me/2000 Professional/XPとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう