MSI、SXGA+表示対応15インチ液晶付きA4ノートベアボーンキット

» 2005年04月08日 14時49分 公開
[ITmedia]

 MSIはこのほど、1400×1050ドット(SXGA+)表示対応の15インチ液晶を内蔵するノートベアボーン「MEGABOOK MS-1003DX」の発売を開始した。価格はオープン、予想実売価格は12万円前後(税込み)。

photo MS-1003DX

 MS-1003DXは、チップセットにIntel 855PM+ICH4-Mを搭載するマザーを採用したノートベアボーンで、CPUとしてPentium MおよびCeleron Mを搭載可能としている。ディスプレイには1400×1050ドット(SXGA+)表示対応の15インチ液晶を搭載、グラフィックス機能としてMOBILITY RADEON 9700(128Mバイト)を内蔵する。

 メモリスロットは2本でPC2100/2700 DDR SO-DIMMを最大2Gバイト搭載できるほか、HDDとして9.5ミリ厚の2.5インチ Ultra ATA/100 HDDを搭載できる。光学ドライブにはDVD±RWドライブを内蔵する。

 バッテリとして8セルタイプのリチウムイオンバッテリを標準搭載し、最大で6時間の駆動を可能としている。

 MS-1003DXの主なスペックは以下の通り。

製品名MS-1003
マザーボードIntel 855PM/ICH4-M搭載製品
搭載可能CPUPentium M/Celeron M(FSB400)
メモリスロットPC2100/2700 SO-DIMM×2(最大2Gバイト)
ディスプレイ1400×1050(SXGA+)表示対応15インチ液晶
光学ドライブDVD±RW
通信10/100BASE-TX
無線通信オプション(Mini-PCI 802.11b/g無線LANカード)
主なインタフェースUSB2.0×3、IEEE1394×1、パラレル×1、S-Video出力×1、音声入出力 USB2.0×4、S-Video出力×1、音声入出力 USB2.0×3、IEEE1394×1、音声入出力
本体サイズ329(幅)×280(奥行き)×38(高さ)ミリ
重量2.9キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月25日 更新
  1. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  4. 計400台の限定販売! スター・ウォーズのBTスピーカー兼スポットライト「albos Light&Speaker STAR WARS Edition」の実物をチェック (2024年05月23日)
  5. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  6. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  7. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
  8. ワコムが有機ELと出会ったら……極薄で最軽量液タブ「Movink 13」をプロ絵師が試したぞ! (2024年05月22日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Next GIGAで何が変わる? 文科省が「学習用端末」の要件や補助スキームの変更などを行った理由【前編】 (2024年05月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー