ニュース
» 2005年09月22日 17時18分 公開

USBメモリ:バッファロー、高速化チップ搭載のUSBメモリ「RUF2-S」シリーズ

バッファローは、2チップ同時アクセス方式を採用する高速転送対応のUSBメモリ「RUF2-S」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは9月22日、2チップ同時アクセス方式を採用する高速転送対応のUSBメモリ「RUF2-S」シリーズ8製品を発表した。価格はいずれもオープン。

photo RUF2-Sシリーズ  ブラックモデルの「RUF2-S-BK」、シルバーモデルの「RUF2-S-BS」、ホワイトモデルの「RUF2-S-WH」を用意する

 RUF2-Sシリーズは、2チップ同時アクセス方式の採用による転送量倍化と、高速データ転送対応のSLC(シングル・レベル・セル)チップの採用により、高速転送に対応するUSB2.0対応のUSBメモリ。転送速度は読み込み時で最大28Mバイト/秒、書き込み時で最大14Mバイト/秒となっている。

 データ暗号化セキュリティソフト「Secure Lock Ware」によるデータ暗号化に対応。またPCロック機能により、PC退席時などの不正利用防止も可能となっている。

 製品ラインアップは、256Mバイトモデル、512Mバイトモデル、1Gバイトモデル、2Gバイトモデルの4容量を用意。また本体カラーはブラック、シルバー、ホワイトの3色を揃えている。

 本体サイズは18.2(幅)×9(奥行き)×75.4(高さ)ミリ、重量は約12グラム。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP、MacOS 9/X 10.1以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう