ニュース
» 2005年09月29日 18時37分 公開

日立、高セキュリティなモバイル環境を実現する「セキュリティPC」新サービス

日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは、同社製HDDレスPC“セキュリティPC”シリーズ製品として、認証サーバと暗号化通信によるリモートアクセス機能サービスを備える「FLORA Se210リモートアクセスパック」を発表した。

[ITmedia]

 日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは9月29日、認証サーバと暗号化通信によるリモートアクセス機能により、ノートPC紛失時などの情報漏えいを不可能とする「FLORA Se210リモートアクセスパック」を発表、9月30日より発売する。

photo FLORA Se210リモートアクセスパックの動作概念図

 FLORA Se210リモートアクセスパックは、HDDレス仕様のセキュリティPC「FLORA Se210(USB認証キー付き)」に、認証/暗号化通信機能をAPSサービスで提供する「リモートアクセスサービス」をセットで提供するモデル。

 FLORA Se210は、OSにWindows XP Embeddedを搭載し、HDDや光学ドライブなどを内蔵しないセキュリティ対策PC。同PCを用いた従来モデルは社内LAN認証サーバとの接続を前提とした使用環境のみに対応していたのに対し、今回発表となったモデルでは、オフィス内にあるLAN環境内PCへのリモートアクセスを行うことにより、新たな認証サーバなどの導入なしに社外でセキュアなPC環境を利用することができる。

 ノートPC本体の操作については、付属のUSB認証キーによるユーザー認証とパスワード認証によって、なりすましなどの不正アクセスを抑制。またリモート先PCへのアクセスは、リモートアクセスサービスで提供されるコントロールサーバによる認証と暗号化通信(128ビット SSL)がなされており、通信時の情報漏洩を防止する。

 FLORA Se210リモートアクセスパックの製品仕様およびリモートアクセスサービスの料金は以下の通り。

製品名FLORA Se210(SL5)
型名PC8SL5-X71110C10PC8SL5-X71110C20PC8SL5-X71110C30
OSWindows XP Embedded
CPUCeleron M 超低電圧版 373(1GHz)
メモリ256Mバイト(固定)
ディスプレイ1024×768ドット(XGA)表示対応12インチ液晶
ファイル装置512Mバイトフラッシュメモリ(セキュリティ確保のため書き込み不可)
無線通信IEEE802.11a/b/g対応
バッテリ動作時間バッテリーパック(S):約2時間バッテリーパック(M):約4.2時間バッテリーパック(L):約6.3時間
本体サイズ275(幅)×233(奥行き)×23〜30.7(高さ)275(幅)×246.5(奥行き)×23〜30.7(高さ)275(幅)×265(奥行き)×23〜30.7(高さ)
重量約1.3キロ約144キロ約1.59キロ
価格(1年無償保証/税込み)20万7900円21万1050円21万7350円
価格(3年無償保証/税込み)21万5250円21万8400円22万4700円


ユーザー数リモートアクセスサービス 初期費用(税込み)リモートアクセスサービス 月額費用(税込み)
1ユーザー1万500円5250円
10ユーザーパック8400円4200円
25ユーザーパック7350円3675円
50ユーザーパック6300円3150円
100ユーザーパック4200円2100円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう