ニュース
» 2005年09月30日 13時25分 公開

シマンテック、ノートン2006シリーズを発表

シマンテックは、同社製セキュリティソフト「ノートン」シリーズ最新版となる「ノートン2006」シリーズ3製品を発表した。

[ITmedia]

 シマンテックは9月30日、同社製セキュリティソフト「ノートン」シリーズ最新版となる「ノートン・インターネットセキュリティ2006」、「ノートン・アンチウイルス2006」、「ノートン・パーソナルファイアウォール2006」の3製品を発表、10月14日より順次発売する。価格は、ノートン・インターネットセキュリティ2006が8925円から、ノートン・アンチウイルス2006およびノートン・パーソナルファイアウォール2006が7140円から(いずれも税込み)。

photo ノートン・インターネットセキュリティ2006。2ライセンス入りパッケージも用意される

 いずれの製品も、新採用となる「ノートン・プロテクションセンター」による表示機能の一元化が行われており、セキュリティ状況の視認性が向上した。また、セキュリティ機能とオンライン活動との対応を表示することで、互いの関連性を容易に理解できるようになっている。

 ノートン・インターネットセキュリティ2006は、ノートン・アンチウイルス、ノートン・パーソナルファイアウォール、ノートン・アンチスパムの各機能に、プライバシー制御や保護者機能など加えた統合型製品。新機能として、ブラウザ設定や破られやすいWindowsパスワード、不必要なサービスなどの監視と処置が可能となる「セキュリティインスペクタ」機能を搭載、より確実なPC保護を可能としているのが特徴となる。

 ノートン・アンチウイルス2006は、ウイルス対策・除去ソフト「ノートン・アンチウイルス」の最新版。スパイウェアの検知機能を大幅に強化しており、高リスクのスパイウェア/アドウェアを自動的に検知/削除可能となっている。

photo ノートン・アンチウイルス2006(左)、ノートン・パーソナルファイアウォール2006(右)

 ノートン・パーソナルファイアウォール2006は、パーソナルファイアウォール機能を備える「ノートン・パーソナルファイアウォール」の最新版で、ユーザーが既にPCにインストールしているソフトに基づき自動的にファイアウォールのルールを設定する学習機能を搭載。ユーザーが使用するソフトを選択してセキュリティ検査を実行し、個々のPCに合致したルールを自動的に改善できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう