レビュー
» 2006年01月11日 14時21分 公開

タッチパッドにボタンがあってもいいじゃないか──「東芝 dynabook TX/770LS」 (1/2)

2006年春モデルのdynabookは汎用A4ノート全機種で、ワイド液晶を採用。Pentium Mを採用した上位機種TX/770LSはスタンダードな構成でAV志向の強いQosmioとはターゲットとは異なる、初心者や女性を意識したデザインや仕掛けでアピールする。

[八木慎伍,ITmedia]

 東芝のA4ノートと言えばQosmioのイメージが強いが、テレビチューナーを搭載していない汎用A4ノートのdynabookラインアップも忘れてはいけない。

2005年秋モデルでは15.4インチワイドサイズ液晶ディスプレイを搭載した「VX」シリーズに、15インチスクエア液晶ディスプレイ搭載の「TX」「AX」シリーズと3つのラインアップを用意していたが、2006年春モデルではこれらを一新。

 TX、AXシリーズにも15.4インチワイドサイズ液晶ディスプレイを採用し、これまで一部量販店でのみ出荷されていた14インチワイド液晶ディスプレイ搭載モデル「TW」シリーズを正式にラインアップに追加するなど、汎用A4ノート系列もワイド液晶ディスプレイを大幅に採用した。

 TX/770LSは、これら汎用A4ノートシリーズの最上位機種。デザインこそほかのTXシリーズと共通だが、唯一Pentium MとIntel 915GMを採用した唯一のモデル。このほか、TXシリーズすべてに5400rpmの100GバイトHDDを搭載するなど、春モデルは基本スペックが充実している。

15.4インチワイドディスプレイを搭載したdynabook TX。角だけでなく、手前に丸みを持った優しい新しいデザインが目立つ。清潔感のあるパールホワイトのカラー含めて、明らかに女性を意識している

ExpressCardスロットを持つなど、インタフェースが充実している。ただ、右側面の無線LANスイッチはあまりにも小さくで操作しにくい。本体正面のダイヤル式のオーディオボリュームもデザイン的には古い感じがして全体のバランスにあわない印象がある
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう