ニュース
» 2006年05月13日 02時39分 公開

オーバークロック志向のユーザーは“初モノ”を狙え――「RADEON X1900 GT」採用カードが登場週末アキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

Pentium 4の廉価モデル「524」が大量入荷――Celeron的な扱いで順調に売れる

 今週の火曜日から、生産中のPentium 4では最下位モデルとなるPentium 4 524(3.06GHz)がアキバ各ショップに登場した。潤沢な在庫を確保した店が多く、価格は1万4000円前後となっている。

photophoto インテル「Pentium 4 524(3.06GHz)」

 Pentium 4 524は、FSB 533MHz/動作クロック3.06GHzのLGA775対応CPUだ。1Mバイトの2次キャッシュを備え、Hyper-ThreadingとEM64Tに対応する。

 入荷したショップで反応を聞くと「際立ってはいませんが、そこそこ売れてます」とのこと。手の出しやすい価格設定がウケている理由の1つだ。

 クレバリー1号店は「Celeron D上位モデルに2000円程度上乗せしただけで、Hyper-Threadingが利用できるのは大きいですね。Pentium 4はひと昔前ではコンシューマモデルの最上位にあったCPUですから、まだ強いブランド力も残っています」と話す。

 また、あるショップは「Athlon XPが終息する前に、SempronとAthlon 64を補間するラインアップとして長く人気を保った状況に似ています。Pentium 4もまもなく姿を消すと思いますが、Pentium Dの価格が下がるまでの“つなぎ”として、今年中は一定の人気を保つでしょう」という。

製品インテル「Pentium 4 524(3.06GHz)
入荷ショップ
フェイス秋葉原本店1万3970円
T-ZONE.PC DIY SHOP1万4490円
クレバリー1号店1万4673円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう