ニュース
» 2006年06月12日 13時42分 公開

4層レンズ搭載の高画質130万画素Webカメラ

DIGITAL COWBOYは、130万画素CMOSセンサーを搭載するWebカメラ「DC-NCIRC2」を発売する。赤外線LED搭載により暗所での利用にも対応。価格は7480円前後。

[ITmedia]
photo DC-NCIRC2

 DIGITAL COWBOYは6月12日、130万画素CMOSセンサーを搭載するWebカメラ「DC-NCIRC2」を発表、6月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は7480円前後(税込み)。

 DC-NCIRC2は、1280×1024ドット(SXGA)対応CMOSセンサー「Micron MT9M001」を搭載するUSB1.1/2.0接続対応の高画質Webカメラで、撮影時の歪みを抑える4層ガラスレンズを搭載。自動/手動でのズーム機能を内蔵、人物の顔を検出して自動ズームを行なう「フェイストラッキング機能」も利用できる。

 暗所での利用を想定した設計となっており、周囲が暗い場合に照度不足を補う赤外線LEDを装備。暗室でのPC操作を配慮したキーボード用補助照明を本体下部に備えている。

 付属品として片耳タイプのヘッドセットが同梱されるほか、Webカメラを簡易監視カメラとして利用できる携帯電話連動ソフト「どこでも携監(10日版)」が添付。本体サイズは60(幅)×83(奥行き)×250(高さ)ミリ、重量は160グラム。対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう