ニュース
» 2006年08月07日 15時00分 公開

東芝、15.4インチ液晶/地デジ搭載ノート「Qosmio F30」の2006秋冬モデルを発表

東芝は、15.4インチワイド液晶搭載「Qosmio F30」シリーズに、2006年秋冬モデルとなる新製品計3モデルを追加した。

[ITmedia]

 東芝は8月7日、地上デジタル対応のハイエンドノート「Qosmio」シリーズに、15.4インチワイド液晶搭載モデルとなる「Qosmio F30」シリーズ3モデルを追加、8月下旬より出荷を開始する。

photophoto Qosmio F30シリーズ  795LSシリーズのみ、ブラックモデルの「Qosmio F30/795LSBL」とホワイトモデルの「Qosmio F30/795LS」の2カラーを用意。790LS/770LSはホワイトカラーのみとなる

 ラインアップは、地上デジタル放送/W録画対応モデルの「Qosmio F30/795LS」「同 795LSBL」(以下「795LS」)および「Qosmio F30/790LS」(以下「790LS」)、アナログチューナー搭載モデルとなる下位の「Qosmio F30/770LS」(以下「770LS」)を用意。搭載CPUは、795LS/790LSがCore Duo T2300(1.66GHz)、770LSがCeleron M410(1.46GHz)となる。

 最上位モデルの795LSは、地上デジタル放送専用の室内用外付けアンテナを同梱。グラフィックスコアにGeForce Go 7300を搭載するほか、標準搭載メモリを1Gバイトとした。中位モデルの790LSはグラフィックス機能をチップセット内蔵としたほか、メモリを512Mバイトに省略。下位の770LSはさらに地上デジタルチューナーを省いたエントリーモデルとなっている。

 その他の仕様は3モデルとも共通で、ディスプレイには1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を搭載。最大出力2ワット×2のharman/Kardon製バスレフ型ステレオスピーカーを装備している。動画視聴ソフトとしては、「Qosmio G30」シリーズにも採用されている統合型ソフト「Qosmio AV Center」を添付。録画したデジタル放送番組のDVD-RAMムーブ機能を標準で実装した。

 本体サイズは約379(幅)×290.4(奥行き)×46〜52.1(高さ)ミリ、重量は約3.9〜4.1キロ。

製品名dynabook Qosmio F30/795LS/795LSBLdynabook Qosmio F30/790LSdynabook Qosmio F30/770LS
OSWindows XP HomeEdition SP2
CPUIntel Core Duo T2300(1.66GHz)Celeron M 410(1.46GHz)
メモリ(最大)PC2-4200 1Gバイト(2Gバイト)PC2-4200 512Mバイト(2Gバイト)
HDD160Gバイト
グラフィックスGeForce Go 7300チップセット内蔵(Intel GMA950)
キャプチャー機能地上デジタル対応チューナー×1+地上アナログ対応チューナー×1搭載ハードウェアMPEG-2地上アナログ対応チューナー×1搭載ハードウェアMPEG-2
光学ドライブ2層対応DVDスーパーマルチ
ディスプレイ15.4インチ(1280×800ドット)
無線LANIEEE 802.11 a/b/gIEEE 802.11 b/g
カードスロットPCカードTypeII×1、ブリッジメディアスロット(SDカード、xDカード、メモリースディック対応)
主なインタフェースUSB2.0×4、IEEE1394×1
本体サイズ379(幅)×290.4(奥行き)×46〜52.1(高さ)ミリ
予想実売価格26万円前後24万円前後20万円半ば
出荷開始8月下旬

※記事初出時、スペック表に誤りがありました。正しくは、F30/790LSのCPUがIntel Core Duo T2300(1.66GHz)、またラインアップの下位モデルはF30/770LSになります。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう