ニュース
» 2006年08月25日 14時23分 公開

「ベンチマークでクアッドコアCPUを手にしよう」──インテル主催のベンチマークコンテスト始まる

インテルはIntel Core2アーキテクチャを組み込んだPCによるベンチマークコンテストを開催する。優勝商品はインテル製クアッドコアCPUを購入できる「10万円分の商品券」だ。

[ITmedia]

 インテルが開催するベンチマークコンテストは日本時間の8月25日正午から2006年10月31日の23時59分までの期間で行われる。

 コンテストではIntel Core2シリーズを搭載するPCで動かしたベンチマークの結果で競われる。2つのクラスが用意され、「スタンダードクラス」では市販のパーツを「そのまま」組み込んだシステムを使うが、「アドバンスコース」ではCPU以外のパーツと機材は制限されない。アドバンスクラスでは「自己責任」の下でオーバークロック設定も行える。スタンダードクラスでもメーカー製「オーバークロック」バージョンの使用が認められている。

 ベンチマークテストはスクウェア・エニックスのFINAL FANTASY XI for Windows オフィシャル・ベンチマーク 3(FF XI ベンチマーク3)の高解像度モードを使用する。このベンチマークを選択した理由としてインテルは「ほかにも“重い”ベンチマークは存在するが、知名度や普及率などから検討して決めた」と述べている。

 現在決まっているルールによると、コンテスト参加者は、Intel Core2ファミリーのCPUを搭載した自作PC、もしくはメーカー製PCでFF XI ベンチマーク3を高解像度モードで動かし、その結果画面とベンチマークを行ったシステム情報のスクリーンショットをコンテスト応募のWebページに投稿することになる。

 各クラスの優勝者にはインテルが現在開発している「クアッドコアCPU(開発コード名:Kentsfield)の購入に使える商品券」(10万円相当)が賞品として与えられる(ただし、販売価格が10万円を超えた場合、その差額は優勝者が負担することになる)。そのほか、各クラスの2位、3位、10位、20位にマザーボードやメモリ、グラフィックスカードなど賞品が用意されている。また、参加者から抽選で10名にインテルのオリジナルTシャツが特別賞として贈られる。

 詳しいルールや参加方法については、こちらのベンチマーク・コンテストのWebページを参照していただきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう