PC USER Pro
ニュース
» 2006年09月07日 15時23分 公開

NEC、業務用ラベルプリンタ市場に参入――2モデル6製品を投入

日本電気は、業務用ラベルプリンタ市場への参入を発表、製造・物流向けラベルプリンタ「マルチコーダー500M3M」「同500M3P」を発売する。

[ITmedia]
photo マルチコーダー500M3M(左)、同500M3P(右)  500M3Mは金属筐体、500M3Pは樹脂製筐体採用モデルとなる

 日本電気は9月7日、業務用ラベルプリンタ市場への参入を発表、製造・物流向けラベルプリンタ「マルチコーダー500M3M」「同500M3P」(以下「500M3M」「500M3P」)の2モデルを10月10日より発売する。双方とも製品バリエーションとして、標準モデルのほかに自動ラベルカット機能装備モデル、台紙からラベルをはがすハクリ機能搭載モデルの計3製品を用意。価格は500M3Mが39万8000円から、500M3Pが34万8000円から。

 500M3Mおよび500M3Pは、商品貼付用のラベルやシール印刷に特化した専用プリンタで、筐体前面から内部にアクセスできるフロンとオープン機構により、狭い場所での設置が可能。またメンテナンス性にも優れており、ワンタッチでのインクリボン交換が可能なほか、通常は保守専門員による交換が必要となるサーマルヘッドブロック/プラテンブロック(用紙送りローラーユニット部)もユーザー側が交換できる。

 印刷方式は熱転写/感熱式で、ロール紙給紙に対応。解像度は300dpi。同梱ソフトの「らくらくふぉ〜む for ラベルプリンタ」または「BarcodeStudio Ver.2.1」の使用により、バーコード出力にも対応している。

 インタフェースは10/100BASE-TX対応LAN、USB、パラレルを装備。本体サイズは238(幅)×402(奥行き)×332(高さ)ミリ(500M3Pは奥行き339ミリ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう