PC USER Pro
レビュー
» 2006年10月17日 21時31分 公開

10万8000円で明るく軽いXGA対応プロジェクタ――「デル 1800MP」(1/2 ページ)

デルから、10万円台という低価格で解像度1024×768ドット、明るさ2100ANSIルーメン、質量約2.1キロのDLPプロジェクタ「デル 1800MP」が登場した。

[前橋豪,ITmedia]
デルの「デル 1800MP」は、1チップDDR DMDパネル搭載のDLPプロジェクタだ

 直販PCの巨人デルは、コストパフォーマンスに優れた液晶ディスプレイやDLPプロジェクタでも注目を集めている。同社のDLPプロジェクタは全5モデルが用意され、いずれもビジネスユースを重視しつつ、ホームユースにも配慮したマルチパーパスプロジェクタとなっている。

 10月12日に発売された新モデル「デル 1800MP」は、ラインアップの下から2番手に位置する「ハイバリューXGAモデル」だ。価格は10万8000円とエントリーモデル並みに収まっているが、基本スペックは解像度1024×768ドット、明るさ2100ANSIルーメン、コントラスト比2000:1とミドルレンジモデルの水準に達している。同価格帯で購入できる国内メーカーの製品は、800×600ドットの解像度もしくは2000ANSIルーメン以下の明るさのものが大半で、なかなか戦略的な価格設定だ。

DLP方式を生かした小型軽量ボディ

 1チップのDMDパネルを採用した製品の特徴として、3板式の液晶プロジェクタより本体を小型化しやすいことが挙げられるが、1800MPもその例外ではない。サイズは244×211×115ミリとB5サイズノートPC並みのフットプリントで、質量は約2.1キロと軽量だ。横幅と奥行きが短い一方で高さが115ミリあるため、本体はやや厚く感じるが、これだけ小型軽量なら持ち運んでの利用も十分可能だろう。製品に付属するナイロン製のキャリングバッグ(ショルダーベルト付きの2ウェイタイプ)には、本体、リモコン、ケーブル類をまとめて収納できるため、携帯時に役立つのはもちろん、未使用時にしまっておくさいにも場所を取らない。

 設置方法については、フロント投射、リア投射、天吊りフロント投射、天吊りリア投射に対応しており、オプションで天井取り付け用キット(2万4000円)も用意されている。小中規模の会議室や店内ディスプレイ用に、据え置きで利用してもよいだろう。

 投射レンズはF2.35〜2.47、f=21.83〜23.81ミリの光学1.1倍ズームレンズで、フォーカスとズームは手動で調整する仕組みだ。台形補正(デジタルキーストーン)は垂直方向に±16度の調整が可能だが、水平方向の歪み補正には対応していない。とはいえ、前面には高さ調節用の単脚、背面左右には傾き調節用のホイールがあり、角度合わせは容易に行える。投射距離は、約2.6メートルで60インチ、約4.3メートルで100インチと国内メーカーの製品と比較してやや長めだ。とくに狭い部屋で使う場合は、投射距離が取れずに画面が小さくなりがちなので、以下の投射距離図を確認してほしい。

本体前面には、1.1倍のマニュアルズームレンズとリモコン受光部、高さ調整用の単脚、通風口を配置。レンズにはフォーカスリングが備わっている
電源ボタンや十時配列の操作ボタン、情報表示ランプ、リモコン受光部が本体上面に用意されている。左上のズームレバーでズームの調整を行う
付属のリモコンは、プレゼンテーション用のページ送り/戻し、台形補正、入力切り替えなどのボタンを持つ。暗所用の発光機能はない

投射距離は約1.7メートルで40インチ、約2.6メートルで60インチ、約3.5メートルで80インチ、約4.3メートルで100インチとなる

PC接続を重視したインタフェース

 インタフェースはPCとの親和性が高い構成になっている。映像入力は4系統あり、アナログRGB(15ピン)×2に加えて、S-Video×1とコンポジット×1を搭載。内蔵モノラルスピーカ(出力2ワット)用にステレオミニの音声入力、リモコンでのページ操作用にUSBポートも装備する。

 DVI-DやHDMIといったデジタル映像入力には対応していないが、オプションの3RCAコンポーネント−アナログRGB変換ケーブルを使えば、DVDプレーヤーなどのコンポーネント出力端子と接続することが可能だ。

 PCと1800MPをアナログRGBで接続して電源を入れたところ、約11秒でデルのロゴ映像、約43秒でPCの映像が表示された。急なプレゼンテーションでも待たされる印象は少ないだろう。リモコンでの操作についても、本体の受光部が前面と上面後方の2カ所にあるため扱いやすい。

2系統のアナログRGB入力をはじめとするインタフェースは背面に集中している。アナログRGBの映像スルー出力やステレオミニの音声スルー出力も持つ(写真=左)。右側面には電源端子と通風口を配置する(写真=中央)。左側面には前面とつながった通風口がある
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう