ニュース
» 2006年10月24日 14時38分 公開

ソニー、バッテリー交換プログラムの詳細を発表

ソニーは、ノートPC用バッテリの「自主交換プログラム」についての詳細を発表した。全世界350万個のバッテリーが対象となる。

[ITmedia]

 ソニーは10月24日、9月29日付けにて発表したノートPC用バッテリの「自主交換プログラム」についての詳細を発表した。

 対称となる製品は、同社が2003年8月から2006年2月までに製造を行なった2種類(2.4Ah、2.6Ah)のリチウムイオン電池セルを用いた、一部のノートPC用電池パックで、全世界で350万個(デル/アップル/レノボ回収分を除く)が対象となっている。

 回収の手順については、各製品の販売企業より個別に通達がなされる予定。また集荷された交換済み電池セルについてはソニー側にて廃棄処理が行なわれる。今回の交換プログラムに要する費用として、ソニーでは現時点で約510億円の回収費用を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう