ニュース
» 2006年11月09日 17時26分 公開

ナナオ、HDCP対応の24インチワイド液晶「S2411W」など2製品

ナナオは、24.1インチワイド液晶「S2411W」および21.1インチモデル「S2111W」を発売する。HDCPにも対応したほか、HD解像度のドット・バイ・ドット表示もサポートした。

[ITmedia]

 ナナオは11月、24.1インチワイド液晶「S2411W」および21.1インチモデル「S2111W」を発表、12月6日より発売する。価格は双方オープン、同社直販「EIZOダイレクト」価格はS2411Wが13万9800円、S2111Wが8万9250円(双方税込み)。なお、S2111WはEIZOダイレクトのみの専売モデルとなる。

photophoto S2411W(左)、S2111W(右)

 S2411WおよびS2111Wは、それぞれ同社従来モデルの「S2410W」「S2110W」の後継モデルとなる製品で、動画表示機能の強化が特徴となる。S2411Wは、オーバードライブ回路の改善により、中間階調域の応答速度を6msに向上(S2111Wは8ms)。輝度は450カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1。また動画視聴時にコントラストを向上させる「コントラスト拡張機能」を利用することで、最大3000:1のコントラスト比を得ることができる。

 HDCPによる著作権保護にも新たに対応。またS2411Wは、1920×1080ドットの“フルハイビジョン解像度”のコンテンツ表示時に、引き伸ばしを行なわずに等倍で表示するドット・バイ・ドット表示が可能となっているのもポイントだ。

 表示解像度は、S2411Wが1920×1200ドット、S2111Wが1680×1050ドット。インタフェースはHDCP対応DVI×2を装備。スタンド部は前モデルと同様の、ArcSwing 2スタンドを装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう