ニュース
» 2006年12月08日 17時20分 公開

三菱、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」にタッチパネルモデル3製品を追加

三菱電機は、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」シリーズ初となるタッチパネルモデル「DiamondcrystaTOUCH」シリーズを発売する。15/17/19インチモデルの3サイズを用意。

[ITmedia]
photo DiamondcrystaTOUCHシリーズ

 三菱電機は12月8日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」シリーズ初となるタッチパネルモデル「DiamondcrystaTOUCH」シリーズを発表、2007年1月5日より発売する。製品ラインアップとして、15インチ/17インチ/19インチの3サイズを用意。それぞれタッチパネルの接続方式としてRS−232C接続モデルとUSB接続モデルを取り揃える。価格はいずれもオープン。

 DiamondcrystaTOUCHシリーズは、手指での操作が可能なタッチパネルセンサーを搭載する液晶ディスプレイで、耐久性に優れる5線式アナログ抵抗膜方式タッチパネルを採用。手袋をはめたままでの操作や、ペン先を用いた操作にも対応する。

 表示解像度は19インチ/17インチモデルが1280×1024ドット(SXGA)、15インチモデルが1024×768ドット(XGA)に対応。インタフェースは全モデルがアナログD-Sub×1、DVI×1の2系統を装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう