ニュース
» 2006年12月22日 19時38分 公開

MS、レーザーポインタ機能付きマウス2製品の出荷を一時停止

マイクロソフトは、レーザーポインタ機能付きマウス2製品「Wireless Notebook Presenter Mouse 8000」「Presenter 3000」の日本国内での出荷一時停止とした。

[ITmedia]
photo Wireless Notebook Presenter Mouse 8000/Presenter 3000

 マイクロソフトは12月22日、「Wireless Notebook Presenter Mouse 8000」「Presenter 3000」の日本国内での出荷を一時停止とすると発表した。

 Wireless Notebook Presenter Mouse 8000およびPresenter 3000は、双方ともレーザーポインタ機能を備えるワイヤレスマウス。今回の出荷一時停止については、内蔵するレーザーポインタ機能が、国内での「消費生活用製品安全法」が定める携帯用レーザー応用装置技術基準に適合していない可能性があるため、としている。

 なお両製品は、国際電機標準会議が定める安全基準についてはクリアしており、米国および他の地域においては引き続き販売が継続される。国内での出荷再開については現在未定で、決まり次第告知がなされる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう