ニュース
» 2007年02月06日 18時06分 公開

東芝、Vista Business搭載の企業向けノートPC計4モデル

東芝は、企業向けノートPCの新モデル計4製品「dynabook Satellite K17」「同 J62」「dynabook SS M37」「同 S31」を発売する。いずれもOSとしてWindows Vista Businessを搭載する。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite K17

 東芝は2月6日、企業向けノートPCの新モデル「dynabook Satellite K17」「dynabook Satellite J62」「dynabook SS M37」「dynabook SS S31」計4製品を発表、2月中旬より順次発売する。価格はdynabook Satellite K17が17万100円から、同 J62が17万2200円から、dynabook SS M37が17万100円から、同 S31が25万8300円から(いずれも税込み)。

 新モデル4製品は、いずれもOSとしてWindows Vista Business搭載モデルをラインアップ。従来のPC環境やデータをVistaへ移行できるユーティリティ「PC引越ナビ Ver3.0」も全機種にバンドルされる。

photophotophoto dynabook Satellite J62(左)、dynabook SS M37(中)、dynabook SS S31(右)

 dynabook Satellite K17は、トラブル発生を未然に防ぐ高品質設計と堅牢性が特徴となる2スピンドルノートPCで、1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を装備する。

 dynabook Satellite J62は、3スピンドルタイプのノートPCで、FDDを標準装備するほかシリアルコネクタやPS/2コネクタなどのレガシーデバイスも利用可能なモデルとなっている。搭載ディスプレイは、1400×1050ドット(SXGA+)対応15インチ液晶搭載モデル、または1024×768ドット(XGA)対応15インチ液晶搭載モデルから選択できる。

 dynabook SS M37は、2スピンドルタイプのモバイルノートPCで、1280×800ドット表示対応の12.1インチ液晶を内蔵。ブリッジメディアスロットやi.LINKコネクタの装備など、拡張性に優れた設計となっている。

 dynabook SS S31は、1スピンドルタイプのコンパクトモバイルノートPCで、用途に応じ「軽量モデル」「高速HDDモデル」「フラッシュメモリディスク搭載モデル」の3バリエーションを用意。バッテリ駆動時間は標準バッテリで約7時間(高速HDDモデル)〜約8.4時間(フラッシュメモリディスク搭載モデル)の長時間動作を実現、本体重量は約1.19キロ〜1.27キロ(構成により変化)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう