PC USER Pro
ニュース
» 2007年03月13日 11時44分 公開

リコー、マルチプラットフォーム対応のA3カラープリンタ「IPSiO SP C711」

リコーは、A3対応のカラーLEDプリンタ「IPSiO SP C711」を発表した。従来モデル「C710」をベースに、マルチプラットフォーム対応のプリンタコントローラを搭載した。

[ITmedia]
photo IPSiO SP C711

 リコーは3月13日、A3対応のカラーLEDプリンタ「IPSiO SP C711」を発表、3月15日より発売する。価格は19万8000円。

 IPSiO SP C711は、2006年8月に発売されたA3対応のLEDプリンタ「IPSiO SP C710」の上位モデルとなる製品で、基本スペックをそのままにマルチプラットフォーム対応のプリンタコントローラを搭載し、Windows/MetaFrame環境に標準で対応した。また、オプションの導入によりCADやMacintosh、IBMホスト端末などにも対応可能となっている。

 印刷解像度は最大600×1200dpi、連続プリント速度はカラートキで26枚/分、モノクロ時で32枚/分(いずれもA4横送り)。給紙量は標準でトレイ300枚+手差しトレイ100枚の計400枚で、さらにオプションの増設トレイにより530枚を追加できる。

 インタフェースはUSB2.0および10/100BASE-TX接続に対応する。本体サイズは514(幅)×593(奥行き)×341(高さ)ミリ、重量は約35キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう