ニュース
» 2007年04月09日 16時39分 公開

NEC、金属並みの熱伝導性を持つバイオプラスチック素材を開発――ノートPCなどの筐体に応用

日本電気は、ステンレス以上の熱伝導性を実現する高熱伝導性バイオプラスチックの開発に成功した。2008年度内を目標に量産化を目指す。

[ITmedia]

 日本電気は4月9日、高い熱伝導性を実現したバイオプラスチックの開発に成功したと発表した。

 新たに開発された新素材は、トウモロコシなどを原料としたポリ乳酸樹脂が用いられており、ステンレス以上の熱拡散性を有している。また、金属では劣っていた平面方向への伝熱性も実現した。炭素繊維を除く成分は90%以上が植物由来の原料で、環境への調和度も高い材質となっている。

 高機能化に伴う発熱増加が進んでいる携帯電話やノートPCなど、放熱性の向上が課題となっているモバイル製品向けへの利用が想定されており、2008年度内を目標として量産化などの実用技術を仕上げる予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう