ニュース
» 2007年05月09日 17時50分 公開

カメラ写りをチェックできるミラー付きWebカメラ――バッファロー

バッファローは、CMOSセンサー内蔵のWebカメラ4モデル計8製品を発表した。いずれも自分の姿を目視で確認できるチェックミラーを装備している。

[ITmedia]
photo BWC-130MH05/BWC-130MS05

 バッファローは5月9日、130万画素CMOSセンサー内蔵のWebカメラ「BWC-130MH05」「BWC-130MS05」、および30万画素CMOSセンサー搭載モデル「BWC-S130MH01」「BWC-S130MS01」の計4モデル8製品を発表、5月下旬より発売する。いずれもシルバーとブラックの2カラーバリエーションを用意、価格は130万画素/ヘッドセット同梱モデルの「BWC-130MH05」が9330円、130万画素/Webカメラ単体モデルの「BWC-130MS05」が7990円、30万画素/ヘッドセット同梱モデルの「BWC-S130MH01」が6660円、130万画素/Webカメラ単体モデルの「BWC-S130MS01」が5320円。

photo BWC-S130MH01/BWC-S130MS01

 BWC-130MH05/BWC-130MS05およびBWC-S130MH01/BWC-S130MS01は、フレキシブルアーム採用スタンドを備えた130万画Webカメラで、いずれも最大解像度は1280×1024ドット。BWC-130MH05/BWC-130MS05は130万画素CMOSセンサーを搭載、BWC-S130MH01/BWC-S130MS01は30万画素CMOSセンサーでソフトウェア処理にて130万画素相当の出力を可能とした。

 いずれもマイクを内蔵しており、本体のみでの会話が可能なほか、人物の顔を検知して画面中央に移すフェイストラッキング機能を利用できる。レンズ部付近に小型のミラーを備えており、通信する前に自分の姿をチェック可能だ。対応OSはWindows XP/MCE/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう