ニュース
» 2007年05月30日 16時28分 公開

簡単にマルチディスプレイを構築できるUSB外付けグラフィックスアダプタ――アイ・オー

アイ・オー・データ機器は、USB外付け型のグラフィックスアダプタ「USBグラフィック」を発売する。

[ITmedia]
photo USB-RGB

 アイ・オー・データ機器は5月30日、USB外付け型のグラフィックスアダプタ「USBグラフィック(USB-RGB)」を発表、7月中旬より発売する。価格は1万600円。

 USB-RGBは、マルチディスプレイ環境の構築が難しいノートPCや省スペースPCでの利用に向くUSB 2.0接続対応の外付けグラフィックスアダプタ。出力インタフェースはアナログD-Sub×1で、解像度は最大1400×1050ドット(ワイド時は1440×900ドット)までに対応する。

 USBバスパワー動作に対応。本体サイズは54(幅)×82(奥行き)×23(高さ)ミリ、重量は約50グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP2以降)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう