PC USER Pro
ニュース
» 2007年06月19日 17時23分 公開

三菱、12.1インチ液晶搭載ビジネスノート「apricot」にCentrino Duo対応モデルを追加

三菱電機は、12.1インチ液晶ディスプレイを内蔵するビジネス向けモバイルノートPC「apricot AL C2」を発表した。FeliCaカードリーダーの内蔵にも対応する。

[ITmedia]
photo apricot AL C2

 三菱電機は6月19日、12.1インチ液晶ディスプレイを内蔵するビジネス向けモバイルノートPC「apricot AL C2」を発表、6月22日より受注を開始する。BTOカスタマイズに対応、価格は26万8000円から。

 apricot AL C2は、同社製モバイルノートPC「apricot AL C」の後継モデルとなる製品で、CPUとして超低電圧版Core 2 Duo U7500(1.06GHz)を採用。またオプション選択により、パームレスト左側にFeliCaタイプの非接触ICカードリーダーを搭載することが可能となっている。

photo オプション選択可能なパームレスト内蔵ICカードリーダー利用イメージ

 OSはWindows Vista BusinessまたはWindows XP Professionalを選択可能。メモリは512Mバイト(Vistaは最低1バイト)〜1.5Gバイト、HDDは40Gバイト〜80Gバイトを内蔵できるほか、IEEE802.11a/g/b無線LANもオプション選択できる。

 バッテリー駆動時間は標準のMバッテリで約7時間、オプションのLバッテリーで約14.5時間。本体サイズは268(幅)×217(奥行き)×27〜38.6(高さ)ミリ、重量は約958グラム(最小構成時)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう