ニュース
» 2007年09月03日 15時15分 公開

ソーテック、最小構成で6万円台からのベーシックノート「WinBook DN3020」

ソーテックは、15.4インチワイド液晶ディスプレイを内蔵するスタンダードノートPC「WinBook DN3020」を発表した。

[ITmedia]
photo WinBook DN3020

 ソーテックは9月3日、15.4インチワイド液晶ディスプレイを内蔵するスタンダードノートPC「WinBook DN3020」を発表、本日より受注を開始した。BTOカスタマイズに対応、価格はWindows XP Home Edition搭載モデルが6万9800円から、Windows Vista Home Basic搭載モデルが7万4800円から(双方税込み)。

 WinBook DN3020は、マザーボードにVIA VN896CEチップセット搭載製品を採用するベーシックノートPCで、液晶ディスプレイとして1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を装備。CPUは標準でCeleron 530(1.7GHz)を装備するほか、BTOカスタマイズによりCore 2 Duo T7250(2GHz)も選択できる。

 メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト(Vista Home Premium選択時は1Gバイト以上)、HDDは40Gバイト〜160Gバイト(Vista選択時は80Gバイト以上)、光学ドライブはDVDコンボドライブ/2層対応DVDスーパーマルチドライブを選択可能。無線LANは最小構成では未搭載で、BTOオプションによりIEEE802.11a/b/g対応無線LANを選択できる。

 バッテリ駆動時間は約1.5時間。本体サイズは358(幅)×263(奥行き)×36(高さ)ミリ、重量は約2.6キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう