ニュース
» 2007年09月03日 16時22分 公開

コレガ、タップ型筐体採用の8ポートスイッチングLANハブ

コレガは、オフィス設置向けとなる電源内蔵型の8ポートスイッチングLANハブ「CG-SW08TXTAPR」を発売する。

[ITmedia]
photo CG-SW08TXTAPR

 コレガは9月3日、8ポートスイッチングLANハブ「CG-SW08TXTAPR」を発表、9月7日より発売する。価格は1万1025円(税込み)。

 CG-SW08TXTAPRは、10/100BASE-TX対応の8ポートLANハブで、ACアダプタレスで利用できる電源内蔵型筐体を採用した。筐体素材は軽量なプラスチック製で、背面にはマグネットを装備しスチール面などへ設置が行なえる。

 本体サイズは265(幅)×67(奥行き)×37(高さ)ミリ、重量は435グラム(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう