MS、マクロ機能も備えるゲーマー向けUSBキーボード「Reclusa Game Keyboard」

» 2007年10月01日 14時23分 公開
[ITmedia]
photo Microsoft Reclusa Game Keyboard クッションパームレストは取り外しが可能だ

 マイクロソフトは10月1日、Razerとの共同開発となるゲーミング向けキーボード「Microsoft Reclusa Game Keyboard」を発表、10月19日より発売する。価格は7600円(税込み)。

 Microsoft Reclusa Game Keyboardは、USB接続に対応する日本語配列キーボードで、ゲームプレイ向きの機能を装備。カスタマイズ可能なホットキーを計6キー搭載するほか、マウスを操作している手で横から叩くようにして素早く入力操作できる「バンパーキー」を計4キー(本体左右に二つずつ)備えている。また、左右のホットキー/バンパーキーの奥側には、迅速なスクロール動作を行えるジョグダイヤルも配置した。マクロの作成やホットキーへの割り当ては、ゲームごとにプロファイル保存することが可能で、最大で5セットのプロファイルを設定できる。

photo ホットキー/バンパーキー部

 そのほかの独自機能として、一般のキーボードよりもキー操作に反応するまでの遅延時間を減少させた「Razer HYPERESPONSE」技術も導入されている。

 キートップの後ろにはブルーLEDを内蔵。本体側面にはUSBハブ計2ポートを搭載した。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP/Vista、Mac OS 9/X 10.2.1以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー