ニュース
» 2007年10月31日 15時24分 公開

アイ・オー、光沢パネル採用の22インチワイド液晶「LCD-AD222X」シリーズ

アイ・オー・データ機器は、1680×1050ドット表示対応の22インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD222X」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo 画像はホワイトモデルのLCD-AD222XW

 アイ・オー・データ機器は10月31日、22インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD222X」シリーズを発表、11月下旬より出荷する。ホワイトとブラックの2モデルを用意、価格はオープン。

 LCD-AD222Xシリーズは、光沢液晶パネルを備えた22インチワイド液晶ディスプレイで、1680×1050ドット(WSXGA+)表示に対応。4:3比率ソースの入力時などにも横伸びせずに表示できるアスペクト比固定拡大機能を装備している。

 表示スペックは、応答速度5ms、最大輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1。視野角は上下170度/左右178度となっている。インタフェースはDVI(HDCP対応)×1、アナログD-Sub×1を装備。出力3ワット×2のステレオスピーカーを内蔵する。本体サイズは505(幅)×219(奥行き)×422(高さ)ミリ、重量は6.2キロ(スタンド有りの時)。

※記事初出時、解像度の表記に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

関連キーワード

ディスプレイ | コントラスト | 視野角


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう