レビュー
» 2007年12月12日 00時00分 公開

イマドキのイタモノ:“G92”世代「GeForce 8800 GTS 512M」の微妙な立ち位置を探る (2/4)

[長浜和也,ITmedia]

定格のGeForce 8800 GTS 512MとオーバークロックGeForce 8800 GTの関係は?

3DMark06 3DMark Score
3DMark06 SM2.0 Score

3DMark06 HDR/SM3.0 Score
3DMark06 Perlin Noise (SM3.0)

F.E.A.R.
Enemy Territory-QUAKE Wars Demo

Unreal Tornament 3 (vCTF-Suspense FlyThrough-PC)
Unreal Tornament 3 (DM-ShangriLa-FPS-PC)

World in Conflict Demo
Crysis Single Play demo GPU_Benchmark

 定格動作の「GLADIAC 988GTS 512MB」で、GeForce 8800 GTX、ならびに、定格動作のGeForce 8800 GTとオーバークロックした(コアクロック650MHz、メモリクロック1000MHz)GeForce 8800 GTの結果を比較してみる。3DMark06においては、フィルタリング設定を無効にした軽負荷状態において、定格動作にもかかわらずGeForce 8800 GTS 512Mが上位モデルとなるGeForce 8800 GTXを上回る結果を残している。

 ただし、この傾向はGeForce 8800 GTのオーバークロック設定でも見られたもので、GeForce 8800 GTS 512Mは、定格動作のGeForce 8800 GTに対しては常に優勢を保っているが、オーバークロック設定のGeForce 8800 GTに対しては、重負荷条件において負かされる場面もみられる。オーバークロック設定のGeForce 8800 GTに対しては「ぬきつぬかれつ」という関係で、また、重負荷条件の3DMarksやHDR/SM3.0の結果で、GeForce 8800 GTXは、GeForce 8800 GTS 512MにもGeForce 8800 GTにも頭1つ抜け出した感じで差をつけている。とはいえ、その差はわずかだ。

 ゲームタイトルを使ったベンチマークテストでは、Unreal Tornament 3でGeForce 8800 GTXがトップを維持し、それにGeForce 8800 GTS 512MとGeForce 8800 GTが続くという順当な展開となっているが、それ以外では、ゲームタイトルや負荷条件によってGPUの成績序列は一定していない。F.E.A.R.やEnemy Territory-QUAKE Warsでは、一部例外を除いてGeForce 8800 GTXがトップをとり、オーバークロック設定のGeForce 8800 GTがGeForce 8800 GTSと互角か、わずかに上回る傾向がある。Crysisでは、G80世代のGeForce 8800 GTXが苦戦しており、オーバークロック設定のGeForce 8800 GTとGeForce 8800 GTS 512Mがほぼ互角でトップを争う様相を見せている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう