ニュース
» 2008年02月11日 15時23分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:激動のアキバに一輪の造花を (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ホームシアター向けアクリルケース「Acrylic HTPC」

 2月7日から、サイズ扱いのSunbeam製ATXケース「Acrylic HTPC」が販売されている。価格は1万2000円弱で、在庫は潤沢だ。

 Acrylic HTPCは透明アクリルパネルのみを使った全面透明なケースで、ホームシアター向けの横置きで設置できるように設計されている。2基の5インチベイと9基の3.5インチベイ(うちフロントアクセス用は1基)を備えるなど、高機能なマシンを構築可能だ。カラーはクリアとブルーの2種類を用意している。

 透明ケースとなると、光りモノ好きの御用達アイテムという印象が強いが、ツートップ秋葉原本店の店員さんは首を横に振る。「光りモノ好きの人はもちろんですが、ファンの汚れなどがすぐにチェックできるという利点もあって、一度エアフロー関連で痛い目を見た人が買っていきます。横置きで、マザーボードの状態を把握しやすいですし、PCのメンテナンスを気にする人には最適なケースだと思いますよ」という。

 また、別の店員さんは「拡張カードを差さないなら、空いたスペースにフィギュアを置いてライトアップもできます。PCとフィギュアケースを兼ねた最高のケースですよ」と口を挟む。もっとも、周囲の同意は得られなかったようだ。いずれにしても、“見える”ことを意識したさまざまな楽しみ方が可能なケースと言えそうだ。

サイズ「Sunbeam Acrylic HTPC」

製品名:サイズ「Sunbeam Acrylic HTPC
入荷ショップ:
ドスパラ秋葉原本店1万980円
BLESS秋葉原本店1万1480円
TSUKUMO eX.1万1980円
ツートップ秋葉原本店1万1980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう