レビュー
» 2009年06月02日 13時01分 公開

イマドキのイタモノ:省電力モデルにX2──選択の幅が広がった「AM3」CPUを一挙に試す (2/3)

[石川ひさよし,ITmedia]

クロック、コア数、キャッシュ容量、それぞれが特徴あるスコアに

 先ほども述べたように、動作クロック、コアの数、キャッシュメモリの容量が微妙なバランスになっているAthlon X2をはじめとして、今回登場した“バリュークラス&低消費電力版”モデルの性能をベンチマークテストで測定する。テスト環境、およびドライババージョンは、以前掲載しているPhenom II X4 955のレビュー記事で用いたものと共通にしている。ただし、今回評価するCPUはすべてAM3対応なので、マザーボードやメモリは1種類で済む。使用した機材は、メモリがDDR3-1333のCorsair「CM3Z2G1600C9DHX」を4Gバイト、マザーボードはASUSの「M4A79T Deluxe」(AMD 790FX+SB750)、グラフィックスカードはMSIの「N280GTX-T2D1G」(GeForce GTX 280搭載)で構成した。

マザーボード ASUS M4A79T Deluxe
チップセット AMD 790FX+SB750
メモリ DDR3-1333 4GB(Corsair CM3Z2G1600C9DHX)
グラフィックスカード MSI N280GTX-T2D1G(GeForce GTX 280)
HDD WD3200AAJS-B4A(320GB/7200rpm/8MB)
OS Windows Vista Ultimete SP1 32ビット版

CPUの対応パッケージがAM3だけなので、マザーボードはAMD 790FXを搭載するASUSの「M4A79T Deluxe」(写真=左)で済んだ。メモリもCorsairのDDR3デュアルチャネルキット「CM3Z2G1600C9DHX」(写真=右)だけを使っている

Sandra 2009.SP2 v15.72

CPU Arithmetic−Dhrystone iSSE4.2/ALU
CPU Arithmetic−Whetstone iSSE3
CPU Multimedia−Multi-Media Int x8 aSSE2

CPU Multimedia−Multi-Media Float x4 iSSE2
CPU Multimedia−Double x2 iSSE2
Memory Bandwidth−Int Buff'd iSSE2

Memory Bandwidth−Float Buff'd iSSE2

SYSMark 2007 Preview Patch-4

Ratings
E-Learning
VideoCreation

Productivity
3D

PCMark Vantage Build 1.0.0

PCMarks
Memories
TV and Movies

Gaming
Music
Communications

Productivity
HDD

PCMark 05 Build 1.2.0:

PCMarks
CPU
Memory

Graphics
HDD

3D系ベンチマークテスト

3DMark Vantage Build 1.0.1:CPU Score
Crysis(Patch 1.2.1):CPU_Benchmark

CINEBENCH R10

Single CPU
Multiple CPU
Multiprocessor Speedup

消費電力

Sandra CPU Arithmetic:ピーク値
アイドル時におけるシステム消費電力をワットチェッカーで測定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう