ニュース
» 2018年01月15日 15時26分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:Coffee Lake世代のCore i5が2月にかけてじわじわ買いやすく (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

定格1250Wなのに型番は「GP1350G」――マイニング向け電源がSegotepから登場

 電源ユニット売り場で異彩を放っていたのは、中国メーカーのSegotepから登場したマイニング向けのモデル「GP1350-FM Gold」だ。税込み価格は2万4000円前後となる。フルモジュラータイプのATX電源で、定格容量は1250Wとなる。グラフィックスカード用の補助電源コネクタ(8ピン)が最大12基使えるのが特長と言える。80PLUS GOLD認証を取得しており、奥行きは150mm。

 入荷したTSUKUMO eX.は「マイニング向けとしては面白い製品だと思います。定格1250Wなのにいまどき型番が1350になっていたり、パッケージに80 PLUSの認証マークに似た感じで『90 PLUS』と書いていたり、いろいろ言いたいこともありますが」と話していた。

Segotep「GP1350-FM Gold」

パッケージにプリントされた型番と“90 PLUS”マーク

 同社の製品としては、定格500Wの80 PLUS TIANIUM認証モデル「GP600T Titanium」も売り出されている。こちらは税込み1万4000円前後だ。

Segotep「GP600T Titanium」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう