ニュース
» 2015年12月18日 09時00分 公開

農地を転用してメガソーラーに、1万4000人の町に7800世帯分の電力自然エネルギー(2/2 ページ)

[石田雅也,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

エネルギー産業で「浜通り」を再構築

 福島県では浜通りの産業基盤を再構築する「イノベーション・コースト構想」に2014年から取り組んでいる。新産業の1つにエネルギーを位置づけて、太陽光や風力をはじめとする再生可能エネルギーのほかに、高効率の石炭火力発電や水素エネルギーの活用を含む10種類のプロジェクトを推進していく(図4)。

図4 「イノベーション・コースト構想」のエネルギー関連プロジェクト。出典:福島県庁

 その中で最初に実施するのが「避難地域・再生可能エネルギー復興支援プロジェクト」で、富岡町を中心にした一帯が対象地域に入っている。富岡町では、もう1カ所の農地も太陽光発電の事業用地に転用することが認められた。広さは39万平方メートルあり、同様に40MWクラスのメガソーラーを建設することが可能だ。発電事業者は富岡町内に本社を置く「さくらソーラー」である。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.