連載
» 2016年02月15日 07時00分 UPDATE

電気料金の新プラン検証シリーズ(19):単体の安さで家庭用電力小売に挑むミツウロコ、120kWh以上を主戦場に (3/3)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3       

中部電力管内の電力プラン

 中部電力管内のミツウロコグリーンエネルギーの電力プランは、基本料金については中部電力の従量電灯Bプランや新料金プランと全く同じである。電力量料金については、最初の120kWhまでが1kWh当たり22.68円となっており、これは中部電力の従量電灯Bや新プランと比べた場合1kWh当たり2円高い。一方で120〜300kWhについては1kWh当たり22.97円となっており、中部電力の25.08円と比べて2.11円安い。つまり月の使用料金が234kWh以上の家庭であれば、ミツウロコの電力料金はお得になるということがいえる(関連記事)。

photo 図4 ミツウロコグリーンエネルギーの中部電力管内の電力料金 出典:ミツウロコグリーンエネルギー

関西電力管内の電力プラン

 関西電力管内のミツウロコグリーンエネルギーの電力プランは、15kWhまでの最低料金については関西電力の従量電灯Aプランと全く同じである。電力量料金については、15〜120kWhまでが1kWh当たり24.83円となっており、これは関西電力の22.83円と比べ1kWh当たり2円高い。一方で120〜300kWhについては1kWh当たり26.82円となっており、関西電力の29.26円と比べて2.44円安い。つまり月の使用料金が219kWh以上の家庭であれば、ミツウロコの電力料金はお得になるということがいえる(関連記事)。

photo 図5 ミツウロコグリーンエネルギーの関西電力管内の電力料金 出典:ミツウロコグリーンエネルギー
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.