ニュース
» 2018年12月13日 09時00分 公開

自然エネルギー:ジュビロ磐田の「ヤマハスタジアム」、CO2ゼロの電力プランを導入

「ヤマハスタジアム」が2019年3月からCO2排出係数ゼロの電力を購入。地域新電力のスマートエナジー磐田が供給する「いわたゼロエミでんき」を利用する。

[スマートジャパン]

 JFEエンジニアリングの子会社で、地域新電力のスマートエナジー磐田(静岡県磐田市)は、CO2排出係数ゼロの電力プラン「いわたゼロエミでんき」が、2019年3月からヤマハスタジアムで採用されることが決定したと発表した。

「ヤマハスタジアム」 出典:ヤマハ発動機

 近年、企業の環境意識が高まっており、製造業の盛んな磐田市でも、再生可能エネルギーなど、環境負荷の低い電力のニーズが増えているという。スマートエナジー磐田は、こうした要望に応えるため「いわたゼロエミでんき」をサービスラインアップに加えた。このプランは、スマートエナジー磐田が磐田市近郊の地産電源と、J-クレジットなどの再エネ由来の証書を組み合わせ、CO2排出係数ゼロの電力を、磐田市を中心とする需要家に提供するもの。

 今回、採用が決まったヤマハスタジアムは、サッカー・ラグビーに使用されている球技専用スタジアムで、Jリーグのジュビロ磐田などがホームスタジアムとして使用している。

 スマートエナジー磐田は、地産電源を地元自治体・企業に供給する、地域に根差したエネルギー供給事業者を目指している。同社は2019年に磐田市が所有する「竜洋しおさい風力発電所」(設備能力1.9kW)およびエコ・パワー(東京都品川区)の「磐田ウィンドファーム」(同15.0kW)の、いずれも同市内にある風力発電所で発電する電力を利用電源に組み込むとともに、地域内で新たなガスエンジン発電所の建設を進める。

 また、JFEエンジニアリング子会社の新電力アーバンエナジー(横浜市)から再生可能エネルギー電力の供給を受ける。これにより同社は、全供給電力量のおよそ70%を太陽光・風力・バイオマス(専焼、廃棄物)などの再生可能エネルギー由来の電力で賄う計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.