ニュース
» 2018年12月18日 07時00分 公開

電力供給サービス:低圧電力の新電力シェア11%を超える、スイッチング件数は20%を突破

一般家庭向け電力(低圧)のスイッチング件数が2018年9月時点で約1284万件に達し、スイッチング率は20.5%となった。販売量ベースで見た低圧電力の新電力シェアは11%を超えた。

[スマートジャパン]

 電力・ガス取引監視等委員会は2018年12月14日、一般家庭向け電力(低圧)のスイッチング件数が同年9月時点で約1284万件に達し、スイッチング率は20.5%になったと発表した。内訳は、みなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)から新電力へのスイッチング件数が約795万件(12.7%)で、みなし小売電気事業者内のスイッチング件数(事業者内)が約489万件(7.8%)となっている。

スイッチング件数の推移 出典:経済産業省

 エリアごとのスイッチング件数を見ると、都市部を中心に切り替えが進んでいる事がわかる。各エリアでのスイッチング率(契約口数ベース)は2018年9月末時点で、北海道エリア13.9%、東北エリア8.2%、東京電力パワーグリッドエリア22.5%、中部エリア29.0%、北陸エリア7.2%、関西エリア26.1%、中国エリア18.2%、四国エリア14.1%、九州エリア16.1%、沖縄エリア0.4%となっている。

エリア別のスイッチング率 出典:経済産業省

 2016年4月以降、小売市場における新電力のシェアは着実に増加しており、2018年9月時点の販売電力量ベースでは、約14.1%となっている。電圧別には、特高・高圧分野に占める新電力シェアは約15.5%、低圧分野に占める新電力シェアは約11.7%となっている。2018年3月時点における低圧分野の新電力シェアは約8.3%で、今回10%を超えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.