ニュース
» 2018年12月25日 10時00分 公開

太陽光:FIT価格21円でも十分な採算性、サンテックが埼玉県にメガソーラー

サンテックパワージャパンは同社子会社が埼玉県熊谷市に建設を進めていたメガソーラーが稼働を開始したと発表。調達や設計を工夫し、FITの買取価格が21円/kWhでも十分な採算を確保しているという。

[スマートジャパン]

 サンテックパワージャパンは2018年12月21日、同社子会社であるサンテックエナジーディベロップメントが開発した「熊谷太陽光発電所II」(埼玉県熊谷市)が稼働を開始したと発表した。

完成した発電所 出典:サンテックパワージャパン

 同発電所は3万7765m2の敷地に、サンテックパワー製の325W(ワット)の太陽電池モジュール8010枚と、同社が調達したファーウェイ社製パワーコンディショナー60台を設置。発電出力は2603.25kW(キロワット)で、初年度年間の予想発電量は一般家庭約650世帯分の年間電力消費量に相当する311万8000kWh(キロワット時)を見込む。発電所の20年間の運用保守(O&M)もサンテックが担当する。

 「再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)」に基づく売電価格は21円/kWh。発電所の建設に使用する機器や部材に関して、グループ会社や中国メーカーとのリレーションにより高品質な製品を安価に調達できる体制を構築することで、21円/kWhでも十分な採算性を確保することに成功したという。

 さらに、分散型の受変電設備を採用し、発電所敷地内の配線を高圧ケーブルとする設計により、配線費用と発電ロスを抑え、より安価かつ低コストな発電所を実現したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.