ニュース
» 2019年09月24日 07時00分 公開

太陽光:日中の電力利用が無料の無償設置型太陽光、鈴与商事が新築住宅向けに

鈴与商事は、新築住宅を対象に太陽光発電システムを無償で設置し、日中に発電した電気も無料で利用できる「太陽光発電システム無償設置サービス」を静岡県・山梨県・愛知県内で開始した。

[スマートジャパン]

 鈴与商事は2019年9月9日、新築住宅を対象に太陽光発電システムを無償で設置し、日中に発電した電気も無料で利用できる「太陽光発電システム無償設置サービス」を静岡県・山梨県・愛知県内で開始したと発表した。

photo 「太陽光発電システム無償設置サービス」のサービスフロー 出典:鈴与商事

 ユーザーの新築住宅の屋根に、鈴与商事所有の太陽光発電システムを無償で設置する。発電した電気のうち、ユーザーが自宅で使う電気は、原則無料で利用でき、余った電気は鈴与商事が電力会社に売電する。夜間や悪天候時など、太陽光発電では賄えず不足する電気については、同社からの電力供給(鈴与のでんき)にて対応する。本サービス専用プランの基本料金は0円で、従量料金(消費税10%税込)は、28円/kWh(キロワット時)。

 設置する製品はソーラーフロンティア製太陽光パネル、設置容量は5kW(キロワット)以上10kW以下、買取単価は24/kW権利案件である。発電のうち、ユーザーの自宅で使う電気量の上限は年間2300kWhとしている。

 ユーザーのメリットとしては、太陽光発電システムの設置費用がゼロ円で、毎月の電気代が安くなること。停電時は太陽光発電で創った電気を非常用電源として利用できる。契約期間(10年間)終了後は、設備一式が無償譲渡され、ユーザーの所有となる。

 戸建住宅における太陽光発電の普及率は約8%とまだまだ低いのが現状である。普及が進まない主な理由の1つとして、100万円を超える高額な設置費用が挙げられる。同社は、2011年より販売を開始した太陽光発電システムのノウハウと、新電力事業者として蓄積した電力供給の知見を活用し、戸建住宅における太陽光発電システムのさらなる普及に貢献するため、本サービスをリリースしたという。

photo オール電化住宅で4人家族の平均的な電気使用量でのシミュレーション 出典:鈴与商事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.