ニュース
» 2021年03月04日 07時00分 公開

出力600W超の太陽光パネル、中国トリナが2021年夏から受注開始へ

中国の大手パネルメーカーであるトリナ・ソーラーは、「PV EXPO 2021」(「スマートエネルギーWeek 2021」内、2021年3月3〜5日、東京ビッグサイト)に出展し、最大出力660Wの太陽光パネル新製品を披露した。

[スマートジャパン]

 中国の大手パネルメーカーであるトリナ・ソーラーは、「PV EXPO 2021」(「スマートエネルギーWeek 2021」内、2021年3月3〜5日、東京ビッグサイト)に出展し、最大出力660Wの太陽光パネル新製品を披露した。

 新製品は210mmの大型ウエハーを採用する同社の新シリーズ「Vertex(バーテックス)シリーズ」の一つ。定格出力は600W、最大出力660Wはと高出力なのが特徴で、変換効率は21.2%を誇る。両面ガラス・両面受光セルのモデルと、片面受光モデルの2種類を展開する。

最大出力660Wを誇る新製品

 日本では2021年夏頃から受注を開始する計画だという。高圧・特別高圧以上の大規模なメガソーラー向けとして、1枚当たりの出力の高さなどにより、システム全体のコスト低減に貢献できるとしている。

 なお、トリナ・ソーラーでは2021年2月に国際認証機関のテュフ ラインランドからIEC61215およびIEC6173の安全認証を取得したことも発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.