キーワードを探す
検索

「アメリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Amazonは、ジョー・バイデン米大統領に新型コロナワクチン接種で支援するという書簡を送った。米国の80万人以上の従業員のワクチン接種をサポートする。また、同社の流通や通信の専門知識で政権の目標達成を支援する準備ができているとしている。

()

Intelは2021年1月13日(米国時間)、CEOのBob Swan氏が退任し、Pat Gelsinger氏が後任となることを発表した。Gelsinger氏は2009年にEMCに入社するまで、Intelで長年優秀なエンジニアとしてキャリアを積んできた人物だ。Gelsinger氏は、同年2月15日までにIntelのCEOに就任する予定だ。

()

2020年年末から年初にかけて、ビットコイン価格は200万円台から400万円超まで上昇し、過去最高値を付けた。これをけん引したといわれるのが、米国の上場企業や機関投資家による購入だ。では国内の上場企業や機関投資家の仮想通貨に対する動きはどうなのか。

()

楽天証券では米国株の取引が大きく伸びた。19年1月と12月の比較では、取引件数は30倍に、取引人数は15倍に増加した。6月時点では、前年同期比で取引件数が17倍に増加したとしており、米国株の人気が継続していることが分かる。

()

新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるための切り札として、米国企業で製造されたワクチンの接種が2月下旬にも日本で始まる見通しだ。接種をめぐっては一部で副反応を心配する声もあります。今後の見通しについてワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授にインタビューしました。

()

米国の市場調査会社であるIC Insightsによると、2020年のファブレス半導体企業の売上高は安定して増加し続けた結果、新記録を樹立する見通しだという。一方、垂直統合型デバイスメーカー(IDM)の過去12カ月間の売上高は伸び悩んだ。

()

コンチネンタル・オートモーティブは2020年12月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続く中での世界各国における移動手段のトレンドの調査結果を発表した。ドイツ、フランス、米国、日本、中国を対象に調査を実施。他人との接触を避けられる自家用車での移動を選択する人が増加し、公共交通機関やライドシェアのユーザーは世界中で大幅に減少したことが分かった。

()

 コロナ禍で世界経済が歴史的な落ち込みを記録した2020年だったが、株式市場では日経平均株価はバブル後の最高値を更新、米国のダウ工業株30種平均も初の3万ドル超えを果たした。コロナとともに迎える21年の市場はどうなるのか。マネックスグループの松本大(おおき)会長兼代表執行役社長CEO(57)は、海外の機関投資家による「日本買い」が市場を支えるとみる。そして気になる暗号資産(仮想通貨)のビットコインの買い方についても語った。(聞き手・中田達也)

()

米国のIT企業、ソーラーウィンズへの大規模サイバー攻撃が話題になっている。同社の製品を導入した大手企業や政府機関が被害に遭い、情報を盗まれた。サプライチェーン攻撃は、いつ自分たちも被害を受けるか分からないという認識でいることが必要だ。

()

米国などで中国によるハニートラップが話題になっている。古典的だが、今も駆使されており、知的財産を狙って企業関係者を標的にするケースも多い。国際ビジネスの場やSNS、アプリなど接触される危険は多い。自分もターゲットになる可能性があると認識しておくべきだ。

()

生活に必須の公共サービスを市が提供する米国モンロー市のIT部門では、24時間365日体制を確立するため、ITインフラのモダナイズが喫緊の課題となっていた。システムを止めずにコスト削減や運用効率化を実現すべく、同市が選んだ方法とは?

()

Walt Disney Companyは、定額制動画ストリーミングサービス「Disney+」のサブスクリプション料金を、来年3月に1ドル値上げし、月額7.99ドル(約830円)にすると発表した。来年は「スター・ウォーズ」シリーズやMarvelの新コンテンツを大量投入する計画だ。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る