キーワードを探す
検索

「HP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Windows 10では、セキュリティ機能が大幅に進化しているが、デフォルトのソフトだけでは安心できない。特に「働き方改革」が進んでいる中、PCのセキュリティをいかに高めるかということは大きな課題だ。HPは独自のソリューションとインテルのテクノロジーを融合して、その答えを導き出した。

()

日本HPは「建築・建材展2019(第25回)」に出展し、HP Latexインク搭載機で初の板素材への印刷を可能にした「HP Latex R2000 Plusプリンタ」をPRした。環境に配慮された水性のLatexインクによるインクジェット印刷で、テーブルトップ、壁面装飾、インテリアなど、内装デザインの可能性を広げることが見込まれる。

()

IntelやHP、Appleなどで構成されるUSB推進団体「USB Promoter Group」が、3月4日に次世代USBアーキテクチャ「USB 4」の仕様を発表した。USBの帯域幅が現行のUSB 3.2の2倍になる他、細かい仕様は2019年半ばに公表される見込みだ。

()

日本HPは、「紙、復活」をコンセプトに、ペーパーレス時代にある中、印刷のデジタル化により、必要な時に必要な分だけプリントできる「オンデマンド印刷」をPRするブース展開を行った。2018年はHP Latexプリンタが市場に登場して10年目、水性のHP DesignJetグラフィックモデルは20周年の節目の年。この機に両シリーズとも、国内初出展となる新機種を披露した。

()

 シーメンスは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の新製品「Solid Edge 2019」シリーズや、旧CD-adapcoの製品である「Simcenter STAR-CCM+」および設計探査ツール「HEEDS」などを展示し、3D CADと電気設計、解析・シミュレーションとの連携をアピールした。

()

背負えるタイプのVR用ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」に注目が集まっている。HMDのケーブルを気にする必要がなく、VR空間をストレスなく、のびのびと動き回れる。SF映画の装備さながらのルックスがカッコいいだけではなく、3D CAD・CG用マシンとしての秀逸さにも注目したい。

()

HPは2017年9〜10月にかけてVR関連製品を相次いで発売した。VR製品のビジネス戦略について発表し、引き続きゲーミング向けにも注力するとともに、商用向けはさらに重要視して取り組んでいく方針を示した。背負えるワークステーションの裏にも、「カッコいい」だけではない戦略があった。

()

Hewlett Packard Enterpriseが開発を進めている「The Machine」は、メモリをアーキテクチャの中心に据えている。理論上は1.35PBの共有メモリに対し、40960のCPUコアからアクセスできる。このスケーラビリティが新たなアプリケーションにつながる可能性がある。

()

2017年7月27日に開催された「HPE サーバーフォーラム 2017」は、800人を超える来場者の熱気に包まれた。ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)が総力を結集した新製品、「HPE Gen10 サーバー プラットフォーム」のデビューイベントである。“ハードウェアレベルのセキュリティ”という新たな業界標準で来場者を惹きつけたセッションの模様を通じて、『世界標準の安心サーバー』の価値を明らかにしていこう。

()

デジタルトランスフォーメーションのトレンドが本格化し、今、多くの企業にとって「大量データからいかにビジネス価値を引き出すか」「いかにスピーディに価値を形に変えるか」が差別化の一大要件となっている。このためには従来型のITインフラを見直し、デジタル時代に即したインフラへの変革が欠かせない。では具体的に、IT変革のポイントと具体策とは何か?――日本では初開催となったHPEの年間最大のイベント「Discover Forum 2017 東京」にその解を探る。

()

IoT、X-Techなどデジタルビジネスが加速する中、ITサービス開発には一層のスピードが求められている。これに伴い、開発だけではなくインフラ運用にも一層のスピード・柔軟性が求められているが、運用管理を担うツール類の導入・アップグレードのスタイルはいまだに従来型のまま――HPEがこれを抜本的に解決するアプローチを発表した。

()

Apple、Google、Facebook、Microsoftなどを含む97の米国企業が、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制に関する大統領令に異議を申し立てる法廷助言書(amicus brief)をこの問題を審議中の控訴裁に提出した。【UPDATE】遅れてAdobeやHP、Teslaなど3社が加わり、127社の連名になった。(127社のリスト掲載)

()

急増するサイバー攻撃などによって企業のセキュリティリスクはますます高まっている。いまやサイバー脅威のブラックマーケットの規模は12兆円に上るほどだ。しかし、この脅威を食い止める「意外」なアプローチがあった。日本ヒューレット・パッカードのセキュリティ専門家が語った。

()

IoTがいよいよ実用段階に突入した。センサーなどから収集した大量データを、多角的に分析できるメリットはあらゆる企業の競争力強化に大きく貢献する。ただし、IoTのビジネス活用について多くの企業はまだ手探り状態なのも現状だ。そうした中、IoTのビジネス活用に取り組み、着実に実績を積み重ねているのが日本ヒューレット・パッカード(HPE)だ。先行事例などとともに同社の取り組みを紹介しよう。

()

2016年10月12日、日本ヒューレット・パッカード主催イベント「Hewlett Packard Enterprise ストレージフォーラム2016」が開催された。ビジネスのデジタル化により、戦略的な意思決定をスビーディーに実行に移すことが重要になってきた。そんな中、あらためて注目されているのが「ストレージ」である。HPEのストレージソリューションは、企業のビジネスにどのような価値をもたらすのか。主催者講演を中心にイベントを振り返る。

()

TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回はインクジェット技術を応用した造形方式「Multi Jet Fusion technology」を採用する、HPの業務用3Dプリンタに関するニュース記事「米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表」が第1位でした!

()

日本HPの“2in1”タブレット「Elite x2 1012 G1」は、キックスタンドを備え、マグネットで着脱するキーボードカバーを利用できる、いわゆるSurface対抗のモデルとなる。当初はビジネス向けモデルのみだったが、2016年2月より個人向けモデルも販売開始され、がぜん注目を集めている。

()

米Hewlett-Packardの分社化に伴い、エンタープライズ事業を担うことになった「Hewlett Packard Enterprise」(HPE)では、四つの戦略領域を掲げ、顧客企業の新しいビジネススタイル、「新たな価値創出」すなわち「攻めのIT」を実現しようとしている。その中でも、あらゆる領域に関わるのが「デジタル・エンタープライズの保護」という柱だ。この戦略の目指すところを、二人のエバンジェリストが語ってくれた。

()

「PHPで、どのようにオブジェクト指向プログラミングをしていくか」を解説する連載。最終回は、「永続化インスタンス」の必要性とserialize、unserialize関数、インスタンスと「参照」、「浅い」コピーと「深い」コピー、cloneキーワード、マジックメソッド「__sleep()」「__wakeup()」「__clone」などについて解説。

()

日本HPが発表した2in1タブレット「HP Elite x2 1012 G1」は、日本マイクロソフトの「Surface」シリーズと似ている点も多い。しかし、ビジネス向けとしてしっかり差別化を図っているという。来日した米HPのアネリーズ・オルソン氏に製品のコンセプトを聞いた。

()

米HPEは、マイクロソフトとのMicrosoft Azureに関する提携発表と同じ2015年12月1日、同社のマネージドクラウドサービス「HPE Helion Managed Cloud」の選択肢の一つとして、「HPE Helion OpenStack 2.0」のマネージドサービスをベータ提供開始したことを明らかにした。2016年の早い時期に、一般提供を開始したいという。

()

HPが14インチChromebookのラインアップを刷新し、1080pディスプレイ搭載モデルを追加した。プロセッサはNVIDIAからIntel Celeronになり、バッテリー持続時間は約9時間。

()

みなさん「HPポケット・メディア・ドライブ」を覚えていますか。それはさておき、データの長期保存には廃れゆくメディアなどから刷新する「データマイグレーション」という手法が有効です。データマイグレーションを行ううえで考えるべき「3つの注意点」を解説します。

()

2013年ごろから注目を集めているものの、いまだ理解が十分に浸透しているとは言いにくい「DevOps」。だが昨今は、市場変化の激しさを受けて実践に乗り出す企業が着実に増えつつある。米HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)で多数のコンサルティングを手掛けているカン・タン(Kan Tang)氏に、今あらためてDevOps実践の要件を聞いた。

()

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年7月2日、高い集約度を実現したストレージサーバー製品シリーズ「HP Apollo 4000シリーズ」を発表した。スケーラブルなデータ管理基盤ソフトウエアと、集約度の高いストレージサーバーを結び付けるのがポイントだ。

()

ZDIは、Microsoftにこの脆弱性を修正する意向がないことが確認されたため、詳しい情報とコンセプト実証コードの公開に踏み切ったとしている。

()

“ビッグデータ活用”という言葉がここ数年で企業、社会に浸透するとともに、そのためのテクノロジも着実に進展している。だが成功事例はいまだ多いとは言えないのが現実だ。分析を収益・ブランド向上に変えるための一つのアプローチを米HPに聞いた。

()

@IT編集部は2015年4月23日、勉強会「サーバー100台からの悩みを解決! これまでの統合管理コンソールでは決して対応できない課題とは?」を開催した。大規模化・複雑化したインフラ安定運用の“要件”とは何か? サイバーエージェント 須藤涼介氏がその実装方法を語るとともに、そうした高度なスキルが求められる要件実装をパッケージで実現する方法を、日本HP 鉾木敦司氏が詳しく解説した。

()

仮想化、クラウドでシステムインフラが複雑化する一方、ビジネスや開発サイドは運用管理に一層のスピード、柔軟性、安定性を求めている。「システムは変わらない」ことを前提としたこれまでの運用管理では対応が難しい中、一体どうすればビジネスの期待に応えられるのか? 日本HPの統合運用管理製品「HP Operations Bridge Version 10」の開発責任者に、運用管理の新要件を聞いた。

()

2015年2月3日、4日に「OpenStack Days Tokyo 2015」が開催。本稿では、OpenStack Foundation、COOおよび共同創業者のマーク・コリアー氏による基調講演の模様とミランティス・ジャパン、レッドハット、日本HP、KVH、vArmour Networks、伊藤忠テクノソリューションズ、TISの展示ブースを紹介する。

()

企業システムへの導入、検討が本格化しつつある「OpenStack」。だが、ユーザー企業の既存システムとの整合性や運用方法はどう変わるのか? 本連載では、OpenStackコミュニティーをプラチナメンバーとして支えるHewlett-Packard(HP)のアーキテクトとエバンジェリストが、OpenStackに対するユーザー企業の疑問にお答えする。

()

誰もが手軽にWebアプリケーションやスマホアプリを開発できる時代では、セキュリティという視点を見落としがちだ。日本ヒューレット・パッカードの「Fortify On Demand」は、クラウドベースで2タイプの脆弱性検査サービスを包括的に提供し、安全な開発サイクル作りを支援する。

()

ほとんどのビジネスをITが支えている今、システム運用管理の在り方が企業の収益やブランドに大きな影響を与えるようになった。だが仮想化、クラウド、またマルチデバイスの浸透などを受けて、システムは年々複雑化している。では人的リソースも限られている中、仮想化、クラウドのメリットを引き出し、ビジネス要請に迅速に応えていくためには何が必要なのか? 運用管理製品を包括的にラインアップしている日本HPに、新時代の運用管理の在り方を聞いた。

()

ポイントは「楽、安心、リーズナブル、イノベーション」。日本HPがクラウド事業の基幹ブランド「HP Helion」を軸にしたオープンソースのクラウド基盤「商用版OpenStack」を発売、合わせてプロフェッショナルサービス部門を新設した。企業の“オープンソース”でのクラウド活用を推進する。

()

2015年に予定される個人情報保護法改正に関連して、政府では「パーソナルデータ」の利活用に向けた制度の整備が検討されている。6月に示された大綱での課題などについて、「パーソナルデータに関する検討会技術検討WG」メンバーでパブリックコメントを提出した日本HPに話を聞いた。

()

ベンダー各社のクラウド訴求が一段と活発になる昨今、HPは競合とやや一線を画した展開を推進しているようだ。「クラウドのブレークは2、3年後」と語る米HP クラウド テクノロジスト グループの真壁技術担当部長に真意を聞いた。

()

グローバル競争力という観点からマーケティングを見ていくと、課題や対策はもはやマーケティング部門だけのものではなく、根本的な組織/体制作りが必要となる……。日本ヒューレット・パッカード(日本HP)主催のユーザー向けイベント「HP Digital Marketing Hub ロードショー東京」の基調講演をまとめた。

()

メグ・ホイットマンCEOの下、長期的な方向転換中のHewlett-Packardが、これまでの3万4000人に加え、さらに最大で1万6000人の人員削減を計画していると発表した。

()

新たに展開する「HP ConvergedSystem」ではサーバ仮想化、クラウド基盤、ビッグデータ、仮想デスクトップ向けの4シリーズをラインアップする。また、クラウド基盤管理ソフトもリニューアルした。

()

セールスフォース・ドットコムは日本HPの前社長、小出伸一氏が新設された会長職に就任、CEOも兼務し、「社員2000人、売り上げ10億ドル」という成長目標の達成に取り組んでいくことを明らかにした。川原SVPも社長兼COOに昇格し、業種別ソリューションの幅を広げるなど「ニッポンへの投資」を牽引する。

()

NECと米HPが先頃、協業関係を拡大すると発表した。両社の関係は今後さらに広がるのか。今回の協業拡大でNEC側の交渉責任者を務めたキーパーソンを直撃取材した。

()

顧客データや売り上げデータをはじめ、多種多様なデータが企業のビジネス活動を取り巻く中、その管理や運用はいっそう複雑性を増している。特に“一人情シス”が常態化しているような中堅・中小企業においては、データ管理はおろかバックアップ対策なんてとても手が回らないという企業も少なくない。少ない人員と予算、ITスキルでそうした企業がデータ保護に取り組むためにはどうすればいいのだろうか。日本ヒューレット・パッカード(日本HP) エンタープライズグループ事業統括 HPストレージ事業統括本部 ストレージ マーケティング本部 本部長の瀧澤一彦氏に、ITmedia エンタープライズの連載記事でおなじみの女子大生リポーター、細野皐月さんが聞いた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る