ニュース
» 2019年01月18日 12時56分 公開

日本HP、バッテリーパックの回収対象モデルを拡大 国内では797個が対象に

日本HPは、2018年1月から実施していたバッテリーパック自主回収プログラムの対象範囲拡大を発表した。

[ITmedia]

 日本HPは1月18日、バッテリーパック自主回収プログラムの対象範囲拡大を発表した。

photo

 同社では、一部のHP製ノートPCとモバイルワークステーションに搭載(および保守サポートでの修理交換を含む)されていたバッテリーパックに潜在的な安全上の問題があるとして、2018年1月5日から自主回収プログラムを実施していたが、その後の調査で回収対象となるバッテリーパックが増加することが判明した、としている。

 国内で回収対象になるバッテリーパックの数は797個で、2015年12月から2018年4月にかけて販売されたノートPCとモバイルWSのうちの一部が交換対象になる可能性がある(国内で事故の報告例はない)。交換対象か否かの判定は、専用サイトで公開されている「バッテリパックチェックツール(HP Battery Program Validation Utility)」を実行することで識別可能だ。

photo

関連キーワード

HP | 回収 | バッテリー | リコール


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう