未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2020年06月24日 14時42分 公開

日本HP、GIGAスクール構想に準拠した生徒向けノートPC 2in1モデルなど4製品を投入

日本HP、GIGAスクール構想に準拠した教育向けノートPC計4製品を発表した。

[ITmedia]

 日本HPは6月24日、GIGAスクール構想に準拠した教育向けノートPC計4製品を発表、7月下旬から順次出荷を開始する。

photophoto
photophoto HP ProBook x360 11 G5 EE(左上)、HP Stream 11 Pro G5(右上)、HP Chromebook x360 11 G3 EE(左下)、HP Chromebook 11A G8 EE(右下)

 GIGAスクール構想の標準仕様に対応するノートPCで、Windows 10 Pro Education搭載モデルとChromebookモデルを用意。ラインアップは、 Windows 10/11.6型液晶/Celeron N4020搭載2in1モデル「HP ProBook x360 11 G5 EE」、Windows 10/11.6型液晶/Celeron N4000搭載モデル「HP Stream 11 Pro G5」、11.6型液晶/Celeron N4020搭載2in1 Chromebookモデル「HP Chromebook x360 11 G3 EE」、11.6型液晶/AMD A4-9120C搭載Chromebookモデル「HP Chromebook 11A G8 EE」の計4構成を取りそろえた。

 いずれも生徒向けのモデルで、長期利用を想定した高耐久バッテリーを採用した。またHP ProBook x360 11 G5 EEは、天板側にPCの状態(インターネット接続、バッテリー残量警告)を示すインタラクティブライトを搭載している。

 予想実売価格はHP ProBook x360 11 G5 EEが5万4800円、HP Stream 11 Pro G5が4万4800円、HP Chromebook x360 11 G3 EEが4万9800円、HP Chromebook 11A G8 EEが3万9800円だ(税別)。

関連キーワード

HP | Chromebook | ノートPC | 2in1 | Windows 10 | 教育


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう