プロナビ
ニュース
» 2019年06月06日 14時21分 公開

日本HP、作業フローを簡略化できる「スマートタスク」搭載のビジネスインクジェット複合機

日本HPは、小規模オフィス向けのビジネスインクジェット複合機「HP OfficeJet Pro 8000」「同 9000」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 日本HPは6月6日、小規模オフィス向けのビジネスインクジェット複合機「HP OfficeJet Pro 8000」「同 9000」シリーズを発表、7月11日に販売を開始する。

photophoto HP OfficeJet Pro 8020(左)、HP OfficeJet Pro 8028(右)

 いずれもA4判出力に対応したインクジェット複合機で、印刷とメール送信、クラウド保存などを1つのタスクとして登録し省力化できる「スマートタスク」機能を搭載した。また同社上位機種で採用されているセキュリティ機能を装備しているのも特徴で、起動時にブートコードの整合性を確認できる「HP Secure Boot」機能やファームウェアの自動更新機能などを利用できる。

 エントリー向けのHP OfficeJet Pro 8000シリーズからは、モノクロ約20枚/分、カラー約10枚/分の出力に対応した「HP OfficeJet Pro 8020」「HP OfficeJet Pro 8028」の2モデルを用意した(HP OfficeJet Pro 8028はカラーバリエーションモデルでHP Directplus専売)。直販価格はともに1万7800円だ(税別、以下同様)。

photophoto HP OfficeJet Pro 9010(左)、HP OfficeJet Pro 9020(右)

 上位のHP OfficeJet Pro 9000シリーズからは、モノクロ約22枚/分、カラー約18枚/分の出力に対応した「HP OfficeJet Pro 9010」と、モノクロ約24枚/分、カラー約20枚/分の出力に対応し500枚の大容量給紙を標準でサポートした「HP OfficeJet Pro 9020」の2モデルを取りそろえている。直販価格はそれぞれ2万2800円/3万4800円だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう